趣味の始め方 節約流

お金をかければいくらでも趣味の幅は広がるけれどお金がない!金欠を熱意でカバーして楽しめる趣味を紹介します。

ラジオは趣味なのか?

好きなラジオ番組を聞くということは他人から与えられたものを受動的に楽しむということであり、
ゆえに趣味ではなく娯楽になります。

しかしここでは趣味としてのラジオの楽しみ方を紹介します。

趣味としてのラジオの魅力

自らが主体的となってラジオに取り組む事といえばラジオの電波受信です。ラジオの電波にはAM、FM、短波の3種類があり、それぞれ特徴があります。その特徴をとらえて適切に受信する行為が楽しみの一つです。

また特に短波ラジオでは海外のラジオを受信することができます。かなりの遠距離ですのでうまく受信するには少々腕前が必要ですが、そこがまた面白いところです。

そうは言ってもradikoでいいじゃないかと思われる方のほうがほとんどだとは思います。しかしradikoは万能ではないのです。

まずこれは有名ですが、遅延があります。ゆえにラジオ独特の時報が放送されないことがあります。また法律的には政見放送が放送されません。政見放送はラジオとテレビに限られておりインターネットを介してはいけないからです。権利関係ではスポーツの大きな大会などの利権が複雑に絡んでいるものが放送されません。またかつてはジャニーズ出演番組がradikoで制限がかかっていたこともありました。

ラジオの始め方

ラジオによって受信できる電波はそれぞれです。

AMラジオは極めて構造が単純なのでどんなラジオでも受信できるでしょう。

FMラジオもほとんどの機器は対応しているでしょう。

今はワイドFMというAMラジオの番組がFM放送でも聴けるものがあり、これは最近出た機器ならば対応しているでしょう。

短波ラジオは対応しているものが少ないです。短波ラジオで聴ける日本の番組が株と競馬を配信しているラジオNIKKEIくらいで需要が限られているからでしょう。株・競馬ラジオという名で売られているくらいです。

短波は電離層で反射するため、ほぼ全世界の放送を受信できます。電離層の状態が季節・時刻・地域などによって変わるため、放送局は良好に受信できるように複数の周波数を使って放送します。これがAM/FMラジオにはない考え方でまた面白いところであります。例えば短波放送のラジオNIKKEIは複数の周波数が存在します。

ワイドFMも短波も対応しているラジオでも2000円あれば買えるのでぜひ試してみてください。

節約流

特にありませんが、ラジオにこだわっていくとアンテナにお金がかかってきます。あまりお金をかけずにアンテナを自作していくところに工夫の余地があるのかなというくらいです。

関連する趣味

アマチュア無線 電波を受信だけでなく発信したくなったら。
電子工作 ゲルマラジオは比較的簡単に作れます。

ルービックキューブとは

各面が3×3=9個の色の付いた正方形で構成された立体で、回すことで色を揃えるパズルです。多くの人が一度は触ったことのあるパズルで、それでいて一度も揃えられたことがないパズルでしょう。

ルービックキューブの魅力

集中力が鍛えられ、指先を動かすことで脳に刺激を与えることができます。一つ買えばそれだけで楽しめるのでお財布にやさしく、ちょっとした空き時間に少しだけいじるということもできます。

解法を知らず試行錯誤だけで解こうとしても解ける人はほとんどいませんが、5手順の基本的な解法を学ぶだけで解けないということはなくなります。

そのままずっと練習していくと数分で解けるようになるでしょう。このくらいになってくると周りから「ルービックキューブが解ける人」と認知されてくるでしょう。一芸として披露すると驚いてくれます。頭がいいんだろうなと勘違いしてくれるようになります。

さらに鍛錬していくと5つの手順では限界が見えてきます。しかしルービックキューブには実は120の手順があり、それに加えてさらなる高等テクニックも存在します。それらを駆使したうえで公式世界記録では5秒を切っているのです。

奥の深さはスピードやテクニックだけではありません。

単に揃えるだけではなく、いろいろな面白い模様に揃えて楽しむこともできます。
チェッカーキューブ
ヘソキューブ
キューブインキューブ
エンゼルフィッシュ

しかし何はともあれまずは何も調べずに試行錯誤だけで解いてみてください。これは一度解法を覚えてしまうとできなくなってしまう楽しみ方ですので大切にしたいところです。

もし万が一ぐちゃぐちゃにしたものを戻せなくなってしまった場合は、解法を教えてくれるアプリを使うといいでしょう。カメラでキューブの状態を撮影するだけで解答を知ることができるのです。

ルービックキューブは趣味なのか?

ルービックキューブを解くまでの時間を競うことをスピードキューブといい、大会は毎年開催されています。またキューブを回転させるのに様々なテクニックがあり、それゆえスポーツの側面もあります。

普通にやる場合のコスト

ルービックキューブは1000円程度で購入できます。あるいはスピードキューブ競技用として売られてる場合もあります。ルービックキューブの商標はメガハウスのものですが、メガハウスのは子供のおもちゃとして売られているようなのでやめておいたほうがよさそうです。

ルービックキューブはやればやるほど解けるスピードがはやくなっていき、タイムが縮まることにうれしさを覚える側面があります。ですので時間を計測できるものもあるといいです。スマホで簡単に時間は計測できますが、競技用タイマーを買うとすると2000円程度になります。

節約流

100円ショップにも売ってはいるのですが、滑りにくく壊れやすいです。お試しだからと言うならばむしろスマホアプリで擬似的に楽しんだほうがいいかもしれません。

ダーツの魅力

ダーツはただ的の真ん中を狙って投げるだけのものではありません。正確に狙った場所に投げるために考慮すべきことは多く、奥が深いのです。そもそも実はド真ん中が最高得点の場所ではないですし、競技ルールによってはただ高い点を取ればいいというものではありません。

ダーツは運動神経や体格を必要とせず、性別年齢関係なくできるスポーツです。大抵はダーツができるところ(漫画喫茶、ゲームセンター、ダーツショップ、ダーツバー)でやりますが、的を買えば自宅でもできます。誰でもどこでもできるスポーツというのは大きな魅力ではないでしょうか。

ダーツの始め方

ダーツができる主な場所は以下の通り。
  • 漫画喫茶
  • ゲームセンター
  • ダーツショップ
  • ダーツバー
料金は3時間1000円程度~。大抵のお店では「ハウスダーツ」とよばれる貸出用ダーツがあるので手ぶらでもかまいません。しかしハウスダーツは大抵チープなものであり、ないから仕方なく使う程度のものです。なのでできればマイダーツを持っていきたいところです。マイダーツはピンキリなのですが、初心者用入門セットみたいなものは2000円程度です。予算があるなら重量感のあるタングステンダーツがいいです。

節約流

ハウスダーツでよければあとはお店に3時間1000円程度を支払うだけです。これを節約するとなれば自宅でダーツをすることになります。

自宅でダーツをするならば「DARTSLIVE-200S」がベストです。アプリを通してスマホやタブレットでグラフィックやサウンドを出すことができます。自宅にいながら業務用のDARTSLIVE2と同じ感覚でプレイできるのです。これが買えるなら文句ないのですが、新品で3万程度かかります。

もう少しコストを抑えたい人はDARTSLIVE-ZERO BOARDが7000円程度。単なる的です。

さらに安いものだとわけのわからないメーカーのろくでもないものだったりして安物買いの銭失いになりかねません。100均にもありますがボールにマジックテープが付いていてそれを投げるという別ゲーになっています。

それだったらダーツのゲームができるスマホアプリが無料でありますので、そのほうがマシでしょう。

関連漫画と雑誌

雑誌 ソフトダーツバイブル
漫画 エンバンメイズ

プラモデルの魅力

あんな面倒くさいことをよくやるよ・・・と興味のない人からしたら思われるであろうプラモデル作り。その面倒くさいところが楽しく、完成した時の達成感は格別なのだとか。作った後も飾って楽しく、好きな場面を再現して楽しめます。

はじめかた

全くの初めてだとなかなか難しい趣味であるのも事実ですので、まずはガンダムに興味がなくてもガンプラがいいかもしれません。

ガンプラとはガンダムのプラモデルのことで、スナップフィットという技術で接着剤が不要、多色成型という技術で塗装が不要、必要なのはニッパーのみなのです。作りやすさだけでいえばガンプラがオススメです。

それ以外となると接着も塗装も必要になり一気に難易度が上がってきます。箱の大きさでいえば大きければ部品数が多いのかもしれないし、小さければ部品が小さくピンセットが必要になるかもしれないです。

節約流

ニッパーは100円ショップでも売っています。しかしかみ合わせが悪かったり壊れやすかったりでオススメしがたいです。かといってハサミで切っていけるものでもないですし、まだ爪切りのほうがマシです。

キットは接着と塗装が必要なものを選ぶと一気にコストと手間が増えます。それを考えるとやはりガンプラか女性向けプラモが無難です。

スケールモデルといわれるものに手を出すならそれなりの出費を覚悟せざるを得ません。

女性にはなかなか理解してもらえない

女性が理解できない男性の趣味の代表格であるプラモデル。なぜでしょうね。ハンドメイドアクセサリーと大差ないと思うのですが。

関連雑誌

HOBBY JAPAN
MODEL ART

関連趣味

ジオラマ
造形

スクラッチアートとは

黒いスクラッチ面を専用のペンで削ることでキラキラ光る美しい色の線を描くことができるというものです。黒いスクラッチ面に白い線で絵が最初から描かれているので、その線を削っていくだけでいいため絵心はいりません。

スクラッチアートの魅力

白い線を削っていくだけの簡単な作業ですが、完成した時には充実感を味わえます。本来絵が描ける人ではなくても芸術的な作品を作れてしまうのがすばらしいところです。好みによって線を太く削ったり、線で囲まれた面を削ったりすることでアレンジすることもできます。

スクラッチアートの始め方

スクラッチアートは本ではないのですが本として書店などで1000円~2000円程度で売られています。
削るペンが付属していない場合は別途購入する必要がありますが、10本1000円程度です。
絵柄も大事ですが、いきなり難しいものから取り組むことはせず簡単なものから試していったほうがいいです。

節約流

ちょっとしたものであれば100円ショップでも売られていますが数は少ないです。はまりだしたらすぐに全てをやりきってしまうでしょう。そうなると100円ショップに残されたのは無地のスクラッチアートです。無地のものも売られていますので、今度は自分の自由な発想で削ってみても面白いでしょう。

似て非なるものであればスマホアプリにもいくつかあります。

関連する趣味

大人のぬりえ スクラッチアートは大人のぬりえブームに次ぐものといわれている

お香の魅力

お香の魅力はその昔すでに北宋の詩人によって「香十徳」として説かれています。
「香十徳」の内容は下記のとおりです。

感格鬼神 感覚が鬼や神のように研ぎ澄まされる
清淨心身 心身を清く浄化する
能除汚穢 けがれをとりのぞく
能覺睡眠 眠気を覚ます
静中成友 孤独感をぬぐう
塵裏偸閑 忙しいときも和ませる
多而不厭 多くあっても邪魔にならない
寡而為足 少なくても十分香りを放つ
久蔵不朽 長い間保存しても朽ちない
常用無障 常用しても無害

その他にも漂う煙の流れや様々なデザインの香炉を楽しむことができます。

お香は女性向けの趣味なのか?

お香や香道は女性がやるものというイメージがあります。しかし香道の家元はたいてい男性です。お香と強い繋がりのある仏教ではお坊さんの多くが男性です。

お香の始め方

お香には様々なタイプがあります。

火をつけるタイプ
 スティック型 ←最も一般的な形
 コーン型 ←短時間で強く香りを出すことができる
 渦巻き型 ←燃焼時間が長い
温めるタイプ
 香木
  白檀(びゃくだん) ←高価
  沈香(じんこう) ←高価
  伽羅(きゃら) ←超高価でお香の頂点に君臨するもの
常温で香るタイプ
 におい袋
 塗香(ずこう) ←本来は宗教的なもの
 文香(ふみこう)

いかにもお香っぽいのがスティック型です。このお香を始めるには「香炉」または「香皿+香立」が必要になります。香炉は仏壇にある線香を立てるやつのようなものです。炉の中に灰が敷き詰められていますし香皿に比べれば高くなります。香皿は単なる皿で、香立はスティックを突き刺しておくものです。お香と香皿と香立を揃えても2000円あれば十分だと思います。コーン型はもっと簡単で「香皿」さえあればできます。

節約流

お香は香木そのものでなければそれほどお金がかかるわけではないのですが、節約を突き詰めていくならばコーン型がいいでしょう。まずコーン型のお香はよく100均ショップに売っています。そして香皿は専用のものを買わなくとも、使っていない陶磁器のお皿でいいのです。

関連する趣味

写経 写経をする際にお香を焚いたり塗香を両手に塗り込んだりします。
アロマ お香は和で固体、アロマは洋で液体です。

ボールペン字の魅力

筆である毛筆に対し、硬筆であるボールペン字は同じ太さや濃さの線を書きやすく非常に安定性があります。毛筆で書く時ほどテクニックを必要とせず筆や墨も不要、時間がなく忙しい時でも取り組みやすい趣味です。ボールペン字は日々の隙間時間で文字の骨格を学ぶことに集中できるのです。

乱れていた文字が大人の文字に変わっていくのがわかると嬉しくなり、それがあなたの魅力の一つになります。人は印字された文字より綺麗な手書きの文字で書かれたほうが喜ばれるものです。手紙を書きたくなるし、文字そのものが贈り物となり相手に喜んでもらうことができるようになります。

趣味ではなく習い事なのではないか?

うまくなるために頑張っている人にとっては習い事でしょう。練習している過程、自分が成長している過程を楽しく感じられる方にとっては趣味でしょう。またある程度字がうまくなって字を書くことが楽しくなり、披露したくなると趣味の領域に達してくるでしょう。

ボールペン字は女性向けの趣味なのか?

事務仕事や生活で必要性を感じて習いだす人が多いので取り組んでるのは女性が多いです。通信講座などで添削している側もたいていは女性です。しかし別に丸っこいかわいい女文字を練習しているわけではありません。ボールペン字を習っているということに女性のイメージがあったとしても、その結果であるきれいな文字を男性が習得していてもなんら違和感はありません。

女性は過程、男性は結果で示せばいいのではないでしょうか。

節約流

ボールペン字は添削してもらうとお金がかなりかかるようになります。節約するにはやはり独学をすることになるでしょう。

ボールペン字の練習帳はたくさん出版されており1000円前後です。100円ショップでも薄っぺらいですが練習帳は売っています。

インターネット上にも、文字の書き方の情報があるので無料で始めることもできます。特にひらがなはお手本まで充実しています。お試しに全くお金をかけずに始めることもできるのです。「美文字」で検索するといいでしょう。

時間の節約という意味ではひらがなを優先的に練習していったほうがいいでしょう。文章の過半数はひらがなで占められますので、ひらがなだけでもうまくなると印象が変わってきます。漢字がメインの書道とはそこが違うのです。

関連する趣味

書道 
筆ペン字

特に打ち込めるものがない無趣味な人は世の中にたくさんいます。やりたいことが見つからない、見つけてられないという方々。ここではなぜ無趣味になってしまうのか、趣味を見つけるにはどうしたらいいのかを考えていきます。

趣味は恋愛のよう

趣味なんかただ疲れるだけだと思う人もいるでしょう。それならばこう考えてみてはいかがでしょうか。

興味のない異性に付き合わされるのは苦痛ですが、興味のある異性に付き合うと楽しい時間を過ごせるでしょう。それと同じで興味のない趣味には苦痛を感じるでしょうが、本当に興味の湧く趣味に出会ったときは没頭できるようになるものなのです。趣味はめんどくさいと思っている方は、本当に自分が興味を持てる趣味にまだ出会ってないだけかもしれませんよ。


趣味は必要か?趣味を持つことのメリット

趣味を持っている事のメリットとはなんでしょうか。趣味は必要なものなのでしょうか。

まず考えられるメリットは息抜きになり気分転換できるということです。そして持て余している時間を有意義な時間にすることもできます。
  
話題作りにも事欠きません。初対面の方とお話しするときはたいてい趣味を尋ねるものです。しかし無趣味ですと答えてしまっては会話も関係作りも途絶えてしまいます。

また趣味に取り組んでる姿勢が社会から評価されることもあります。趣味はたいてい持続力や集中力が必要になりますので、その点を評価されることがあります。趣味そのものが仕事や人間関係作りに役立つこともあります。

老後になると趣味のあるなしでは人生の充実度が格段に違ってきます。仕事をしているうちは仕事の忙しさを言い訳にしていようと仕事が趣味だと言っていようとそれで時間はほとんど過ぎていきますので、趣味がないことの不都合を感じない人もいるでしょう。しかしそういう方は退職後にぽっかりと時間が空いてしまい、無駄な時間をだらだらと過ごすことになってしまいます。そうなるとボケるのも早くなるでしょう。


無趣味な人に共通する特徴と対策

時間の余裕がない

仕事や家事に追われて時間がないのは皆同じです。時間さえあればやりたいというのは、暇があれば暇をつぶす何かをしたいということです。しかしその程度の考えのものが趣味と言えるでしょうか。趣味というものは時間を作ってでもやりたくなるものです。暇だったらやるというのは言い訳、あるいは本当に自分が興味ある趣味ではない恐れがあります。

興味がわかない

やってみたいという気持ちが湧かない人はとりあえずやってみてはいかがでしょうか。頭の中だけで考えてピンとこなくても、実際にやってみると意外な発見があるものです。

やってみたいことがない

部屋に閉じこもっていては視野が広がりません。外出してまわりをよく観察してみたり、他人と交友関係を築いて他人の趣味に興味関心を持ってみましょう。そこからいろんな世界の存在を知ることになり、興味がわいてくるものも出てくることでしょう。

面倒くさい

休日くらいゆっくり休みたいから趣味に没頭している気力はないという気持ちもわかります。ならば放置していればいいだけの趣味、あるいはリラックスできる趣味はいかがでしょうか。

例えば多肉植物は基本的にただ放置していればいいですし、インテリアにもなり見ているだけで体も休まります。リラックスできる音楽、クラシック音楽などを目をつぶって聞くのも心休まります。

無理だと決めつける

絵描きや演奏など一定の技能を必要とするものは自分には無理だと決めつけている人が多いです。

しかし自分には才能がないから向いてないという趣味はありません。興味を抱くことができることが趣味においては才能なのです。

お金の余裕がない

趣味にはお金がかかるから無理だという人もいます。確かにお金のかかる趣味もあります。お金をかけられるほど趣味の幅も広がっていきます。

しかしお金をあまりかけずにできる趣味もあります。なにも紙と鉛筆があれば絵が描けるじゃないかと言いたいわけではありません。

工夫しましょう。

あなたがやりたい趣味を工夫することによってお金を節約してやってみましょう。その工夫という過程がまた趣味の一つとなりえるのです。

人付き合いがない

友人知人と交友関係が盛んな方は何かしらの趣味に誘われることもあります。逆に交流がなければそこからの趣味への接触の機会がなく無趣味になってしまう恐れがあります。まずは他人に興味を持ち、彼らの趣味に興味を持ってみましょう。

飽きっぽい

色々なことに興味は持てても飽きっぽくてすぐやめてしまうという人もいるでしょう。ならば実用性重視の考え方にしてみてはどうでしょう。自分にメリットがある、生活費節約につながる、仕事にも役立つものとなれば取り組む姿勢が変わってくるかもしれません。あるいは飽きてもいいと開き直ってしまう手もあります。とりあえずやりたいことをやってみて、飽きたら一旦やめておく。すると日がたつとまた無性にやりたくなってくるものです。広く薄く、多趣味なのも悪いことではありません。

優柔不断

いくつか興味のある趣味はあるけれども何をしようか決められない、決められても最初の一歩を踏み出す前にいろいろ考えこんでしまう人がいます。

そんな人は同じ趣味の人と関係をもったり一緒にやってみるのはどうでしょうか。話を聞くだけでもイメージが湧いたりアドバイスを貰えるかもしれません。向こうから誘いの言葉があれば踏ん切りも付くでしょう。

損得勘定が働く

趣味に意味があるのか、何の得があるのか考えてしまいませんか?

無駄なことはしたくないと考えると趣味を持とうという気になれない。
そんな人は実用的な趣味から手をだしてみればいいのではないでしょうか。

生活費の節約につながる趣味や仕事の効率がはかどるようになるようなリラックスできる趣味はどうでしょうか。

仕事が趣味

仕事が楽しいから趣味はいらないという方がいます。趣味が転じて仕事になる人もいます。

その場合定年を迎えて仕事をやめたときにどうなるかが心配です。仕事をやめても自分で趣味としてやっていけるものならばいいのですが、退職したら仕事だったものを趣味として続けられないようなものだとどうでしょうか。そういうものはそもそも趣味だったのでしょうか。

無趣味であることの言い方に気を付けよう

自分の趣味を聞かれたときに「いや、、特にないです。」とそっけなく答えるのはやめましょう。そう答えてしまうと会話が途絶えてしまい、他人との関係作りも止まってしまいます。今は趣味はないけれども今探しているところだということを伝えたり、何かいい趣味がないか尋ね返してみたほうが話は進みます。なにかいい趣味を紹介して貰えたり、一緒に参加することになったりと展開が変わってきます。

あなたは他人の趣味に理解を示す事ができますか?
自分が理解できない趣味を否定せずにいられますか?
異性の趣味に嫌悪したりしませんか?

世の中には様々な趣味とそれを愛好する人々がいます。その中には理解しがたいものもあるでしょう。
そんな時あなたは他人の趣味を否定しますか?非難しますか?やめさせますか?

あなたとその方の関係にもよると思いますが、
身内であるほど干渉すれば関係が気まずくなるでしょう。
他人であるほどあなたに干渉する権利などありません。

何が良いのか全く理解できない!
そんなもんに金使うのもったいない!
子どもじゃないんだから!
バカじゃないの!?

こんな事を思ったことはありませんか?

他人の趣味をとやかく言う人は本当に面倒くさいです。趣味をとやかく言う人って本当に面倒いですよね。きっとちゃんとした趣味を持っていない人なんでしょうね。自分が没頭できる趣味を持っているならば、他人の趣味に理解を示せるはずですもの。

趣味といえるもの

趣味は何ですか?と聞かれたときにゲームですと答えられるのだろうか。テレビを見る事、漫画を読む事はどうだろうか。
世間体を気にすると答えにくいし、まして面接では避けたいところがあります。

そもそもこれらは趣味なのでしょうか?
むしろ暇つぶし、あるいは娯楽なのではないでしょうか。

では趣味と娯楽の違いとはいったい何なのでしょうか。


趣味とは

趣味とは自分から能動的に暇がなくても時間を作ってでもやりたいものです。自分から取り組むことで楽しみを見出すことができます。自分から探求していくにつれ楽しみも増してきます。趣味は人生の幅を広げ、充実した人生を過ごすことができるようになるでしょう。


娯楽とは

娯楽とは他人から与えられたものを受動的に暇つぶしとしてするものです。楽しめるかどうかは与えられたもののデキ次第になります。娯楽は何もしないよりはとするもので、多くの場合人生に何かしらプラスになるものではありません。


ゲームは趣味と言えるのか?

ゲームが楽しめるかどうかはその作品のデキ次第になります。つまらないゲームはあなたが何かしらの努力をしようともつまらないものです。またゲームの中でLV99になって世界を救ったところであなたのリアルな生活が充実するでしょうか?

そう考えるとやはりゲームは趣味ではなく娯楽となります。

しかしゲームをすることそのものではなく、ゲームの批評やゲーム配信となると趣味の要素を帯びてきます。ゲームそのものがつまらなくてもあなた独自の切り込み方による批評はあなた次第でなんとでもなります。つまらないゲームでも皮肉を交えた会話をしながら配信すれば視聴者を引き付けられて自分も満足を得られるでしょう。

つまりゲームといったモノが趣味になるかどうかではなく、その取り組み方のほうが重要なのです。


↑このページのトップヘ